無料ブログはココログ

ブログ妖精ココロ

フォト

« 「だれとでも定額」の通話料金表 | トップページ | 新年のご挨拶 »

2010年12月 9日 (木)

ちょーっと凶悪(笑)な端末の買い方

 つい先日、auのIS01を購入したというのは「ごりぽんソフトウェア」のページで書いたとおりなんですが、そこでボソっと触れた

ちょーっと凶悪(笑)な方法でMNPを利用

ってのをネタにしてみようかなと。

 やったことは単純で、新規・即解約ならぬ、新規・即MNPなんですが……。

 まずは、使わなくなって埃を被っていた端末(L-03A)を持ってドコモショップに行き、持ち込みで新規契約。すでに1回線持っていることを伝えたところ、本人確認後に契約情報が引き継がれ、面倒な契約書の記入はしなくてすみました。

 料金コースはベーシックコースになる(と説明もされます)ので、その中から選択。何も考えずに料金が一番安い「タイプシンプル」を選択し、iモードも契約。2回線目なので主回線とのファミリー割引(月額料金25%引)も付けておきます。

 すぐにMNPするので、2年縛りになる割引(ひとりでも割MAX50やファミ割MAX50など)は付けないことと、iモードを付ける(iモードが使える端末で契約する)ことがポイント。iモードはMNPの転出予約をするために必要なので必ず付けておきます。付けておかないと、MNPの転出予約を窓口で手続きすることになるので、かなり気まずいですよ?(苦笑)

 ちなみに、新規契約時に315円払うと電話番号の下4桁が選択できる「番号選べるサービス」というのがあるようで、私も契約するときに利用するかどうかを確認されました。この回線は通話に使う気が無いので利用しませんでしたけど。

 必要な情報の確認が終わると、目の前でFOMAカードに電話番号を書き込んでくれて、ドコモショップでの手続きは終了。料金は後日請求されるので、ここでの支払いはありませんでした。

 で。ここからが凶悪たるゆえんなわけですが。

 ドコモショップを出てすぐに(苦笑)、端末から[iMenu]→[お客様サポート]→[お申込・お手続き]→[各種お申込・お手続き]→[手続き開始(ログイン)]→ネットワーク暗証番号入力→[各種手続き]→[携帯電話番号ポータビリティ予約]と辿ってMNPの転出予約。最後の画面に予約番号が表示されたので、端末の画面メモ機能でメモを取っておきました。画面に表示される「長い間NTTドコモをご利用いただき有難うございました」というメッセージが苦笑を誘います。

 なお、PCからMyDocomoにアクセスしてもMNPの転出予約は出来ますが、MyDocomoのアカウント情報はiMenuにアクセスしないと確認できません。どっちにしろiMenuにアクセスする必要があるので、最後までiモードでやってしまいました。

 予約番号を手に入れたので、それを持って量販店に行ってMNP新規でIS01を契約。こちらはフツーに新規契約なので、支払いに使うクレカまたは銀行口座の情報と、本人確認書類が必要で、契約書の記入も必要でした。

 実はここでちょっとしたミスを。私は運転免許を持っていないので、本人確認のために顔写真付き住基カードを使ったんですが、住基カードだけだと本人確認に使えないのだそうです。たまたま店に行く前に公共料金の支払いを済ませていたので、その明細を合わせて本人確認が認められましたが、ちょっと危ないところでした。

 手続きが終わって端末を受け取って、今回のネタは終了。MNPで1円のところ、ポイントを使って充当して支払いは0円。「IS01/02割」のおかげで維持費もユニバーサルサービス料の8円だけです。

 ドコモで新規契約してから転出予約をするまで数分、MNP転出による解約まで1時間程度、全行程でも3時間弱。おそらく最短記録なんじゃないかと思います(苦笑)。IS01を受け取った後、ふと気づいてドコモのほうを見てみると、すでに「圏外」の表示。オンラインで処理されているので当たり前ではあるのですが、なんかちょっと驚きです。

 ちなみに「短期解約はブラックリストに載る」という話がありますが、ドコモショップのスタッフによる証言では、回数が多くなれば要注意人物として連絡が回ることはあるものの、ブラックリスト入りすることは無いようです。

 最後に。今回掛かった費用の内訳はこんな感じです。

ドコモ
契約事務手数料(新規) 3150円
携帯電話番号ポータビリティ手数料 2100円
iモード付加機能使用料 315円
月額基本料金(日割り) 78円
au
契約事務手数料(MNP) 2835円
合計
8478円

 ちょっと前なら秋葉原のヨドバシカメラで新規一括7800円ってのもあったので、その時に契約していれば手間も掛からずもうちょっと安かったんですけどね。まあ、その時点ではAndroid端末が必要になりそうだとは思ってなかったですし。

« 「だれとでも定額」の通話料金表 | トップページ | 新年のご挨拶 »

お買い物」カテゴリの記事

モバイル・通信」カテゴリの記事

コメント

なかなか凶悪(?)なMNPの利用に関する詳細レポート、楽しく読ませていただきました。
使わなくなった端末もこのような有効活用の方法があるのですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1307682/38001191

この記事へのトラックバック一覧です: ちょーっと凶悪(笑)な端末の買い方:

« 「だれとでも定額」の通話料金表 | トップページ | 新年のご挨拶 »