無料ブログはココログ

ブログ妖精ココロ

フォト

アニメ

2011年11月 5日 (土)

美少女ゲーに「近親相姦」ネタ多いよね最近

 いや、多いですよね。最近お気に入りのブランド「クロシェット」さんなんか、さりげなく一人はそういうヒロインが混じってるんですよ。「かみぱに!」の妹ちゃんとか、「あまつみそらに!」の妹ちゃんとか、「カミカゼ☆エクスプローラー!」の妹ちゃんとか。(何故か「スズノネセブン!」にはそういうヒロインが出て来ませんが)

 最近プレイしたソフトだと、例えば「エフォルダムソフト」さんの「恋騎士 PurelyKiss」の妹ちゃんも攻略対象ですし、探せばもっと出てきそうです。

 ポイントは、これがフツーの作品のフツーのヒロインとして埋もれていること。一昔前だったら、それがメインでセールスポイントになるレベルの希少性だったと思うんですが、今はフツーにヒロインの属性として存在している訳で(例に挙げたソフトは別にそれを目当てに手に入れた訳ではありません。ありませんよ?(笑))、なんか時代が変わってきているのかなーとか。

 で、軽く調べてみたらちょっと面白いネタに行き着いたのでこうしてエントリしている次第なのですよ。

 一般的に、というか少なくとも日本では近親相姦はタブーとして扱われています。タブーなんだったら、じゃあヤっちゃったら犯罪になって罰則とかあるんでしょうか?

 ウィキペディアの「インセスト・タブー」(近親相姦の禁忌)の「日本の法律」の項目によると、ちょっと驚いたことに「禁止する法律は存在しない」のだそうです。当然刑罰規定も存在せず、近親相姦の結果生まれた子供を認知することも出来るとか。

 えー!? てっきり犯罪か、そうでなくても禁止事項くらいはあるものかと思ってましたよ。

 じゃあ、何が出来ないのかと言えば「婚姻届が出せない(出しても受理されない)」だけ。法律上は、配偶者になれないことだけがデメリットですね。
 ただ、インブリード(近親交配)になってしまうので、子供に奇形が生まれやすいのが微妙なところ。また、言うまでもなく、世間の冷たい視線に晒されるのにも耐えなければいけません。
 物語の登場人物達はまだしも、リアルにこの覚悟が出来る人ってのはそうそう居ないでしょう。いくらなんでもデメリットが大きすぎますし。

 ちなみに、先に挙げた作品のうち「恋騎士 PurelyKiss」は、ガチに世間様から拒絶されます。母親には泣かれるし、父親がわりの師匠にはボコボコにされます。まあ、最終的には認められるのでやはりフィクションですが、「普通はこういう対応だよね」と、何かちょっと納得しちゃったりとか。

 ま、そういう訳で。
 「最近美少女ゲームに多い『近親相姦』って、タブー視されてる割に実は禁止されていなかったんだよ」というネタでした。